東京行ってきたときの話でもするか!!【就活好きと繋がりたい】

投稿日:

枝と申します。

私は現在「就活生」といわれる身分の人間でして、つい先日面接の関係で東京に行く必要がありました。

とはいえ一次面接なので交通費は出ませんし(泣)、そもそも東京に行くのが初めてだったのでもう9割5分観光のつもりで行ってきました。

という訳で今回は人生で初めて東京へ行った話でもまとめておこうと思います。

出発は22時50分の夜行バス

京都から東京へ行く手段はいくつもあるのですが、その中での最安値が「変な時間に出発するバス」です。

京都駅を22時50分に出発し、東京へは朝の6時に着くというこの微妙さ。

おかげで片道の値段は4000円しないくらいに抑えられました。

隣に人が居なかったのも幸いでしたね。

それでも身体は相当しんどかったですけど……

バカ早朝に東京駅へ到着。

そんな感じのバスで無事に東京駅へとたどり着きました。

余りにも早朝過ぎた為人っ子一人いやしません。

ここまで離れても人っ子一人いやしません。

しかも地味に雨が降っててめちゃくちゃ不愉快でした。

フォロワーに遊んでもらう ~その1~

さて、雨は不愉快でしたが枝には朝の7時から出向いてくれるありがてぇフォロワーが居た為安心です。

東京周辺にお住いのフォロワーと合流、12時に待ち受ける用事に備えて時間を潰すかという事になり、かの有名な秋葉原へと足を運びました。

秋葉原とかいう場所、オタク以外は息をすることも出来なさそうな空間が随所に形成されており非常におもしろかったです。

18歳から人生相談をされる。

めちゃくちゃ早朝だわ特に買いたい物も無いわだったので、何となく漫画喫茶に入ります。

誰も居ないカフェスペースでだらだらと会話をしていたのですが、そこでなんと18歳の少年から人生相談をされるという謎のイベントが発生。

東京にはいろんな人が居るんだなぁ、という事を肌で感じる初動ファイトとなりました。

学校で友達ができない、家族と上手くいっていない、バイトに嫌な感じの先輩がいる、趣味が見つからない、推しのメイドさんが引退してめちゃくちゃ悲しい、と思春期の悩みを全て詰め込んだような相談だった気がします。

ちなみに枝とフォロワーは二人とも寝不足だったのであんまり何言ったか覚えてません

邂逅、築地の寿司。

少年との謎イベを終えた後に向かったのは、営業してたり閉場してたりする築地市場です。

私が事前に「東京に行ったら寿司が食いてぇ!」と報告していた為、フォロワーが予約をしてくれていたんですね~

うれしいね~

で、食べたのがこれらです。

多くを語る必要はありません。

すべてがうまかったです。

それだけです。

良いものを語るのに、言葉はいらないのです。

サークルの先輩に遊んでもらう

フォロワーと私は信じられないほどの眠気に襲われつつも、どうにか東京駅周辺で解散。

そこからはサークルの先輩と合流する為お茶の水へと向かいました。

もうお気づきの方もいるかもしれませんが、東京にいる間は基本的に誰かと行動を共にしていました。仲の良い人間が東京に多いとこういう事にもなりますよね。

で、お茶の水なんですがマジでギター屋さんが多くて楽しかったです。

次は眠くない時に行きたいです。

ゲストルームで爆睡をかます

その後は吉祥寺に行ってコーヒーを飲んだり、近隣に根付いたラーメン屋で晩ご飯を食べるなどのなんやかんやを行い、先輩の住むマンションに備え付けられていたゲストルーム的な場所で夜を明かしました。

本来は募る話などをするべきなのですが、マジで理不尽なレベルの眠気だったので布団を敷いて3秒で入眠しました。

いいご身分だぜ!!

本来の目的、面接

次の日は本来の目的である面接を受けに青山まで行きました。

思ってたよりも深い質問をされたり、思ってたより偉い人が出て来たり、思ってたより面接の時間が長かったりとちょっとだけ緊張しました。

ちなみにこの写真は京都の烏丸丸太町にそっくりだったのでつい撮ってしまった写真です。

知り合いの紹介で行った喫茶店

枝は京都で良く行く喫茶店がありそこのマスターと仲が良いのですが、どうやらそのマスターのお師匠さんのような方が経営しているお店が青山周辺にあると事前に伺っていました。

そうして面接後に足を運んだのが、この「蔦珈琲店」です。

ありえない量のサラダが盛られたクロックムッシュ、シンプルだからこそ味わい深いコーヒー、そして意外とひょうきんなご主人が凄く印象的なお店でした。

緑の豊かな庭が凄く綺麗なので、表参道周辺にお住まいの方は是非一度足を運んでみてください。

全然たどり着けない渋谷周辺のホテル

この日の宿は渋谷周辺のカプセルホテル。

なのですが、渋谷とかいう町は遊歩道であちこちに行かなければいけない為アホほど道に迷いました。

20時30分に恵比寿駅で友達と待ち合わせがあり20時にホテルを出たのに、渋谷駅にたどり着かないまま20分迷った挙句結局タクシーで恵比寿まで行きました

金額にして600円くらいの損。専門用語でいう所のカス(※1)です。

まぁその後は友達と楽しくお酒を飲むことが出来たのでOKとしますけども。

命拾いしたな!!!!

(※1)「かす」 役に立たないつまらないもの。最も下等なもの。くず。「人間の—」

https://www.weblio.jp/content/%E3%82%AB%E3%82%B9

フォロワーに遊んでもらう ~その2~

東京滞在の最終日もフォロワーに遊んでもらいます。ありがたいね。

ちなみに最終日の開幕は飲酒でした。

ホッピーとかいう飲み物を初めて飲んだんですが、自分の中での結論はパチモンのビールという感じでしたね。ちょっと安くて味が薄いビールみたいな感じ。

国立西洋美術館に行くなど

この日は本当に予定が無かったので、目に付いた面白そうなものに行ってみるというストロングスタイルで遊ぶことに。

その結果たどり着いたのが上野にあります国立西洋美術館で、この日は「国立西洋美術館リニューアルオープン記念 自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで」という企画展示が行われていました。

印象派やロマン主義、キュビズムやシュールレアリスムといった西洋絵画の代表的ジャンルを一挙に見られる非常に楽しい展示でしたよ。

あんみつを食う

あとは同じ上野でフォロワーにおすすめされた「みはし」のあんみつを食べてきました。

寒天、黒蜜、赤えんどう豆、ぎゅうひ、あんこ、白玉、アイスクリーム。

どれをとっても雑さが一切無く非常に美味しかったです。

ちなみにフォロワーからは赤えんどう豆のおすそ分けが大量に来ました

「おいしくなーれ」のアレ

帰りのバス乗り場がたまたま秋葉原だった為、メイド喫茶に行きました。

かの有名なあっとほぉーむカフェ、その中でも本店に行きましたので、お給仕しているメイドさん達はもちろんプロフェッショナル揃い。

なんかちょっと感動しましたし、今後も1年に2回くらいのペースで行きたいなと思えましたね。

ふりふり~しゃかしゃか~のアレと、もえもえきゅんのアレと、メイドさんとのチェキを全部体験出来て3000円。とかって考えるとアミューズメントとしては安い方なんじゃないかなと思ってます。

ちなみに私よりもフォロワーの方が「オンナノコ……カワイイ……」言うてました。

おわりに

以上が東京楽しかったね話です。

二次面接に進めたので来週も行きます。

待ってろよ、東京。

今度は会社から出る交通費で行くからよ

-お出かけ

Copyright© 枝の書き物 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.