ポルノ超特急2019 2日目のライブレポートもどき

更新日:

今年で活動20周年を迎えたROTTEN GRAFFTYが主催するフェス、「ポルノ超特急2019」の2日目に参加したのでその感想を書き残して置こうと思います。

もしかしたら来年の参考になるかも?

会場に関して

アクセス

ポルノ超特急の開催場所は毎年この「京都パルスプラザ」みたいですね。

最寄りは竹田駅。JR京都駅からは京都市営烏丸線の電車1本で行けて、その竹田駅から20分ほど歩きました。

ちなみに京都で暮らすようになって約1年、このポルノ超特急で初めて竹田駅に降りました。普段は全然用事の無い駅です。

周辺の様子

近くにコンビニ、ドラッグストアなどがあるので飲み物や食べ物の買い物は余裕。ちゃんとした食べ物屋さんも徒歩10分圏内にたくさんあったように思います。

ただコンビニのトイレにも列ができていたのでそこは気を付けたほうが良いですね。

パルスプラザについて

トイレが少ない!!!ってのが真っ先に出た感想です。めちゃくちゃトイレの列長かったです。

あと金閣、銀閣ともに動線が狭い。入場、退場に結構時間がかかります。1日目銀閣のスサシで入場規制が掛かったらしいですし、私もハルカミライで前列に行くためSiMを切ったのはめちゃくちゃ痛かった。

ただ金閣の照明は本当に良いです。これは皆が口を揃えて言うと思う。外の明るさに左右されず照明を使える屋内フェスの良さ全開でした。

加えて言うなら壁のプロジェクションマッピングに凄く文明を感じました。(語彙)

枝の当日の動きとアーティストごとの感想

〇付けたとこです(雑)

SiM→ハルカミライ→テンフィというのが理想のムーブでしたけど、ハルカミライで入場規制が入るという可能性が怖過ぎてこうなりました。

SiMを3曲目くらいまで聞いてからハルカミライ来れた人も居るらしいのでそこは経験値の差かなと、、、

HEY-SMITH

Endless Sorrow

Radio

Fog And Clouds Over

2nd Youth

Let It Punk

DRUG FREE JAPAN

Summer Breeze

Don't Worry My Friend

Come back my dog

I'M IN DREAM

フェスの1バンド目って期待と興奮と緊張が混じった妙な高揚感ありますよね。今回の1バンド目はヘイスミ。SEと映像が流れてアーティスト紹介された瞬間テンション爆上がりました。

そして「一緒に見ようね!」って言ってた友達が、Endless Sorrowの最初の5音で遥か前方に消えました。パブロフの犬か。でも 「うおお!フェス来たああ!!」っていう感覚が最高でした。 自分もツーステとスカダンでしっかり体動かしてしっかりバカになりましたし。

あとMCで猪狩さんが「ポルノ超特急」の事を「ちょるのぽうとっきゅう」って言ってました。かわいい。

ヤバイTシャツ屋さん

D.A.N.C.E

あつまれ!パーティピーポー

無線LANばり便利

KOKYAKU満足度1位

はたちのうた

かわE

癒着NIGHT

ヤバみ

ハッピーウエディング前ソング

Tank-top of the world

1曲目何かと思ったらヤバTアレンジのD.A.N.C.Eでスタート。そういうのもあるのか。その後は良い意味でいつも通りのヤバTでした。

「ポルノ超特急」の「ポルノ」の部分が恥ずかしくて言えないという設定のありぼぼちゃんが可愛かった。あといつにも増して声高かった。「はたちのうた」とか超音波出てた。

やっぱりヤバTはダイバー多いなーともあらためて思いました。

MAN WITH A MISSION

Emotion

database feat.TAKUMA

Dark Crow

Raise Your Frag

Take Me Under

Remember Me

FLY AGAIN 2019

人生初の生マンウィズ!

1曲目にemotionはヤバかった、、、照明も相まってめちゃくちゃ良かったです。databaseも会場ガッツリ持って行ってました。

個人的には小さい子のファンがいっぱい居たのにびっくりしたのと、ちゃんとステージ横の映像でも口のあたりは映さないようになってるんだ…という感動がありました笑

いい音楽だった。

ハルカミライ

リハーサル

ファイト!!

ウルトラマリン

Tough to be a Hugh

フュージョン

ラブソング

ファイト!!

Tough to be a Hugh

本番

君にしか

カントリーロード

ファイト!!

俺たちが呼んでいる

春のテーマ

PEAK'D YELLOW

世界を終わらせて

アストロビスタ

リハ7曲?????どういうことなの????

ってなりました。なるやろ普通。リハにもダイバーめっちゃいるし。

まぁそんなリハなので当然本番もめちゃくちゃアツかったです。学さんすぐ客の上来るし、柵の上立ってるし、なんか消えたと思ったら服脱げてステージ戻ってくるし。ちなみに自分は柵の上に立つ学さんの真下に居ました。でこけないようにめっちゃケツ押さえてました。

MCで「SiMとテンフィに挟まれててめっちゃ難しいタイムテーブルなのにここに来たお前らは猛者だ!」的なことを学さんが言ってたのも面白かった。マジで難しかったもんなあの時間帯、、、

PEAK'D YELLOWがマジでいい曲。会場全体での合唱が最高。

ハルカミライはライブ行かなきゃ分からんわ、、、と再確認した1日でした。

10-feet

VIBES BY VIBES

RIVER

ハローフィクサー

1sec.

金色グラフィティー

ヒトリセカイ

その向こうへ

goes on

京都のフェスでテンフィ見ずに終わるとか無理でしょ、ということでハルカミライ終わりダッシュで向かったテンフィ。VIBES BY BIBESの途中で入場したのに気づいたら最前列に居ました。おかしいなぁ。

大作戦ぶりのハローフィクサー、やっぱりめちゃくちゃ良い。サビ前のドゥーンてSEで全部持ってかれるんですよね。

金色グラフィティはトリビュート版だったのかな?いつもとちょっと違ったのでみんな合唱するのに苦戦してました。

最後のgoes onでは知らない女の子と肩組んで飛んでました。テンフィのライブ見てると知らない人とでもハイタッチしたり肩組んだりできちゃうんですよね。本当に楽しい。

あと今回タクマはロットンのカズオミのコスプレ(?)で演奏してました。なんでエクスプローラーじゃなくてPRS?ダウンチューニングの時でもSGじゃなかったっけ?と思ってたらどうもそういう事らしい。

ROTTEN GRAFFTY

https://twitter.com/ROTTEN_KYOTO/status/1208789101735841793?s=20

THIS WORLD

銀色スターリー

世界の終わり

響く都 with 朱雀王子(北島康雄)

D.A.N.C.E.

ハレルヤ

STAY REAL

70㎝四方の窓辺

金色グラフティー

Error… feat.イイカワケン&満&かなす

EN Bubble Bobble Bowl with Spair Rib&U太

流石主催者。流石地元。流石20周年。というライブでした。

1曲目のThis Worldから気合の入りようが凄かったです。ロットンも観客も。サビのオッオッオッオッオッオッの一体感凄かった。

D.A.N.C.Eのサビの「keep on dancing!」も皆すっごい元気だったなぁ

んで新曲!ハレルヤ!「クソぶちあがる曲でございますが宜しいでしょうか?」という前置きアナウンスから始まりました。サビのメロディの運びとかそのあとのアップストロークで弾く感じとか、金色グラフィティの後継になれそうなくらい良い曲ですねぇ。今後のフェスでこの曲がどう成長するかめちゃくちゃ楽しみです。

70cm四方の窓辺。エモすぎ。あの音量、あの人数、あの環境、あのMCの後で聞いたらそらもうあかんって。。。

満を持しての金色グラフィティはかっこよすぎてIQ2くらいになってしまいました。

なんせ何回でも言いますけど照明が良かった。途中レーザーアート?みたいなのも出てきて大興奮。かがくのちからってすげー!

おわりに

来年は通します。

-音楽
-

Copyright© 枝の書き物 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.