【ご報告】働かずに18万円を貰いました。

投稿日:

枝と申します。

なんとですね、この度は全然働かずに18万円も貰えてしまいました。普段の給料2ヶ月分くらいですね。

何故そんな事が起きたのか。それは「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」という制度のお陰です。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金は、新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対し、支給します。

https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

自分は4月~6月に自粛期間の影響でアルバイトのシフトに入れなかったため申請をしました。

貰える金額について

貰える金額はもちろん人それぞれですので、今回は自分のケースを書き残して置きます。

まず自分の場合、任意3ヶ月分の給料として選んだのは約8万円の月を3ヶ月分。ちなみにその3か月の中での就労日数は数日ありました。

そうして貰えたのが約18万円ですので、大体の金額は「提出した任意3ヶ月分の給料×0.8」と考えて良いかと思われます。

提出書類について

自分は複数事業所での就労をしているので提出書類は少し多かったですし、何よりも郵送でしか取り扱ってもらえませんでした。必要な書類は

  • 書類A
  • 書類B
  • 要件確認書×2枚
  • 収入を確認できる書類(給与明細など)
  • 口座を確認できる書類(キャッシュカードのコピー)
  • 身分証明書

って感じでしたね。書類A・Bと要件確認書は上に貼った厚生労働省のページからDLします。

要件確認書という書類に関してはバイト先の店長などに書いて貰わないといけない部分があるので気を付けなければいけません。

おわりに

この新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金は1月~2月分の要請なんかもできるようですので、2度目の緊急事態宣言でバイト代が減っている人は是非申し込んでおきましょう。色々とめんどくさいですが働かずにお金が貰えるチャンスですので。

私は「このお金をどう使うか」の構想で1週間くらい楽しめそうです。

-買い物・食べ物・雑記

Copyright© 枝の書き物 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.