超王道ロックを奏でる「WHITE ASH」とそのオススメ曲を解説させてくれ~~~!

投稿日:

枝と申します。

今回は枝の敬愛する4ピースロックバンドである「WHITE ASH」とそのオススメ曲について色々と解説しようと思います。

もう既に解散済みのバンドであることが非常に悔やまれるのですが、今なお色あせないカッコイイ曲が多いので是非聞いてください。

created by Rinker
¥2,615 (2022/09/29 08:55:09時点 Amazon調べ-詳細)

WHITE ASHとは?

さて、まずは今回の主役である「WHITE ASH」というバンドについて解説していきましょう。

WHITE ASHは日本発の4ピースロックバンド。2017年に解散しています。

モンスト、ガッチャマンクラウズ、メタルギアソリッドⅤなどの著名な作品とタイアップしていることからも確かな実力があったことが分かりますね。

WHITE ASHは超王道ロックサウンド

そんな彼らはArctic Monkeysのコピーバンドが前身だったこともあり、曲の節々にその影響を感じ取ることが出来ます。

骨太なドラムとストラト+アンプの歪みから繰り出される王道ロックサウンドはシンプルで非常にカッコイイですね。

中性的なのび太のボーカル

楽器によるサウンドに加えてWHITE ASHの魅力を高めているのは、Vo.のび太の持つ中性的な声です。

彼の声は非常にハリとツヤがあるハイトーンボイスなので、楽器陣による無骨なサウンドにも全く埋もれない存在感がありますね。

左利き用のストラトを使っているのもバンドの中で目立って良いなと思ったり。

ちなみに筆者が初めてこのバンドの曲を聞いた時は、てっきり女性がボーカルをしているものだと勘違いしていました。

だって遠目で見たらおばちゃんみたいだし……

歌詞に意味がない?

fly amaze it crore vavry rough

spin up and know feel in brender lonely

estrad and me under graven me on the starnet

WHITE ASH "Crowds"より

WHITE ASHの唯一無二な特徴、それは英語っぽいだけの造語がたくさん使われていることです。

文章としての意味ではなく耳心地と発音の気持ち良さを重視しているようですね。

WHITE ASH好きが送るオススメ曲

という訳でここからは私がWHITE ASHのオススメ曲を解説していきます。

どうでも良いんですけどYoutubeのトピックって機能、アーティストにもお金が入るのでマジで便利ですよね。

Crowds

まず外せないのはこの曲、ガッチャマンクラウズのOPである「Crowds」です。

筆者はこの曲を聞いて一発でWHITE ASHのトリコになりました。

イントロのカッコよさがマジで異次元です。

Orpheus

お次はアルバムTHE DARK BLACK GROOVEからの一曲、「Orpheus」です。

深くリバーブのかかった重厚なドラムと、鳥肌物のコーラスワークがめちゃくちゃ壮大さでカッコいい一曲。

2分ちょっととは思えないっすね。

Just Give Me The Rock 'N' Roll Music

これもTHE DARK BLACK GROOVEからの一曲。

このアルバムはミドルテンポの曲が多くて知らず知らずのうちにタテノリしてしまうこと間違い無し。

「白黒のアルバムでミドルテンポへと移行」という流れも、どこかリスペクト元であるアクモンを彷彿とさせますね。

created by Rinker
Hostess Entertainmen
¥2,072 (2022/09/29 08:55:10時点 Amazon調べ-詳細)

Stranger

この「Stranger」は活動初期にリリースされた一曲。

「なんだこのMV」となった人は多いでしょうがカッコいいので気にしてはいけません

ジャリジャリとしたギターサウンドにスリリングで疾走感のある曲調は、WHITE ASHの持つどこか怪しい雰囲気を表していると言っても良いでしょう。

それとこの曲はドラムがドン引きするくらいカッコいいです。

イントロがほぼDo Me a Favourじゃんとか言ってはいけません。

Casablanca

イントロのギターリフがカッコ良過ぎて警察が来そうな「Casablanca」は3拍子で構成されており、他の曲とも一線を画しています。

うねりと歪みの効いたベース、そして前述したのび太のハイトーンボイス。

高音域も低音域も気持ちが良いなんて神がかったバランスですよね。

前門の虎後門の狼とはまさにこの事なのかもしれません(ちがう)。

Hopes Bright

東京モード学園のCMに使われていたことから、どこかで聞いたことがあるという方も少なくないのでは無いでしょうか。

ハネたドラムで生まれるノリと、一気に視界が開くかのようなドラマティックな曲展開が非常にカッコいいです。

でもこの曲、ベースはめちゃくちゃ簡単なので初心者でも弾けちゃうと思います。

カッコいい曲ほど裏でやってることは簡単だったりしますよね。

Xmas Present For My Sweetheart

このままオススメ曲を紹介していると文字数が卒業論文みたいになってしまいそうなので、最後にちょっと毛色の違った「Xmas Present For My Sweetheart」という曲を紹介して記事を〆ようと思います。

この曲はまぁ聞いて頂ければ分かるように、今までの曲とは打って変わってラーメン屋の床くらいベッタベタなクリスマスラブソングです。

しかも歌詞は全文日本語。

しっかり文章としての意味も為しています。

今まで自分みたいなオタクに向けた音楽ばかりだったのに……(失礼)

ただ、こんな曲でもWHITE ASHらしさというのが失われていないってのが凄い所ですよね。

ちなみに私は高校の文化祭で独りこれを弾き語りしました。懐かしいね。

おわりに

という訳で今回は、私の大好きなバンドであるWHITE ASHとそのオススメ曲を解説しました。

解散してしまったのが非常に悔やまれますが、我々にはまだボーカルののび太率いる新バンド「THE LITTLE BLACK」があります。

古臭さすら感じるような熱いギターロックが聞けるのでオススメですよ♪

リスペクト元であるarctic monkeysについて触れている記事も併せてどうぞ。

-好きな音楽の話

Copyright© 枝の書き物 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.