【ネタバレ含む】この森空気悪くね?バカ大学生三銃士による元祖一人称ホラー『ブレアウィッチプロジェクト』

更新日:

枝と申します。

皆さん一人称視点はお好きですか?私は好きです。(スカイリムはガチ)

POV(pont of view)のホラー映画やゲームって最近増えつつありますよね。カメラを止めるなとか、バイオハザード7とか、アウトラストとか。なので今回はそのご先祖様ともいえる映画『ブレアウィッチプロジェクト』をご紹介させて頂こうと思います。

あらすじ

惨劇を起こしたと伝えられている魔女のドキュメンタリーを撮影するため、映画学校の生徒たちは深い森に足を踏み入れる。行く手に待つ恐怖と絶望を知らずに...。

Netflixより

めっちゃ雑にまとめると「大学生3人が山に行って迷う」みたいな話です。めっちゃ雑にまとめると。

その大学生のカメラに残っていた映像が『ブレアウィッチプロジェクト』の本編という訳ですね。

バカ大学生三銃士

主要人物はたった3人。

ドキュメンタリー映画を撮る!と言い出した女の子が「 ヘザー 」
髭の生えた長髪が「 ジョシュ 」
ニット帽をかぶっているのが「マイク」。

この3人が森で迷い「ブレアウィッチ」の恐ろしさに触れるのがこの映画なんですが、まぁ揃いも揃ってバカばっか

責任感ゼロ、ヒステリック女子ヘザー

まずヘザー。彼女を先頭にして森の中を進んでいくのですが、秒速で遭難します。GPSも携帯もない世の中で森の中遭難するわけですから、それすなわち「死」。だいたいこいつのせい

食料も無く、森の出口も分からず、毎晩変な音や気配に悩まされる。そんなSAN値下がりっぱなしの状況下になったのにも関わらず、ドキュメンタリー映画のためにヘザーはカメラを回し続けます。

地図が無くなった時は人のせいにしようとするし、カメラを止めろ!と怒られた時も「わかった、ええ。わかったわよ。はいはい。わかったって。」というアメリカのホームドラマみたいな時間稼ぎをするし、人の粗を見つけた時は鬼のようにキレるし。

フラストレーションが非常に溜まるヒロインでしたね。

ちなみにヘザーを演じるヘザー・ドナヒューさんは「第20回ゴールデンラズベリー賞最低主演女優賞」を受賞したそうです。めでてぇ。

すぐ怒鳴って女子を泣かすジョシュ

遭難してからヘザーにキレまくるのがジョシュです。しかもキレ方も小学校2年生レベル。

消耗しきったヘザーをカメラで映しながら「映画を撮るんだろ。じゃあこんなストーリーはどうだ?森の中で迷って、誰からの助けも得られず森の中をさまよって、見つかるのは大学生3人の死体!さぞ面白い映画だろうな!最後はハッピーエンドで頼むよ!」みたいな。

…本編を通してずっとキレているようなキャラです。

なんでそんなことするのマイク

こいつも戦犯。極限状態にあったとはいえ「なんでそんなことするの???」という事を平気でします。あと困ったらなんか叫んでるのがこいつです。

途中からはヘザーをいじめるジョシュをなだめたり、恐怖でおびえるヘザーをなだめたり、ちょっといいヤツっぽいムーブが増えます。でもやってること一番ヤバいからなお前

という感じで、『ブレアウィッチプロジェクト』は極限状態に達したバカ三銃士によるギッスギスの空気感もお楽しみいただける映画となっております。日本人にはつらいぜ。

そろそろ来るぞ、、、が無限に来る

ホラー映画の怖いシーンといえば「カメラが横にパンした瞬間」とか「主人公が後ろを向いた瞬間」とか、来るタイミングはなんとなく想像がつきますよね。オチがしょぼいのは予想できない怖さですけど

そういう先入観を持ちながらこの『ブレアウィッチプロジェクト』を見ると、恐ろしく疲れます。なぜなら「そろそろ来そう…」が本編を通してずっっっと続くから。身構え続けるのはなかなかにしんどい。

本編は常に森の中で進行していくのですが、その夜の森がまぁ怖い。懐中電灯程度の灯りでその暗い森の中を探索するので非常に怖い。いつ、どこから、どう怖いシーンが来てもおかしくないのでつい身構えてしまいます。

しかし!本編を通して怖い化け物は一切出てきません予算の都合かな

常に「何か来そう」という緊張感を持ったまま話が進んでいくのがこの映画の怖い所です。なのでジャンプスケア(ビックリ)やグロテスクなのが苦手な方もご覧いただけると思いますよ。

結末は賛否両論?

登場人物へのフラストレーション、怖いシーンがいつまでたっても来ない不安感、そして結末の説明の無さもあり視聴後のカタルシスが驚くほどありません

詳しくはご覧いただくか検索頂ければいいんですけれど、一切何も解決しないんですよ。謎は解けず、怪物が死ぬわけでもなく、主人公たちが森から出る訳でもなく。

多くの映画サイトでもラストシーンの解釈は放棄しているっぽいので、考察の材料も少ないのではないかなと思っています。考察班!頑張れ!

おわりに

ジャンプスケア(ビックリ)のごり押しが海外のホラー、だと思っている方にこそおすすめしたいホラー映画ですね。

「海外のホラーでもジャパニーズホラーのように雰囲気でメンタルを削っていくことができるんだ!」という発見をしてほしいです。

ついでにこの映画でPOVホラーを気に入った人は、ぜひPOVホラーゲームを漁ってみてください。色々出てきますので。色々。

-映画
-

Copyright© 枝の書き物 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.