「シル・ヴ・プレジデント」を歌ってみた話

投稿日:

枝と申します。

今回はP丸様。の「シル・ヴ・プレジデント」を歌ってみました。

ここではそれに関するなんやかんやを話していきます。

きっかけ

今回はきっかけらしいきっかけがありません。

「すげぇこの曲が好きだったから」というただそれだけですね。

「シル・ヴ・プレジデント」のここが好き

詳しくここすきポイントを解説していきますので、まずは初音ミクverの「シル・ヴ・プレジデント」をご覧ください。

このPVから溢れ出る「2008年辺りのニコニコ感」を感じられますでしょうか?

文字だけがモリモリ動くPVとか手描きで味のあるミクさんとか、凄く懐かしい感じなんですよね。

もちろん好きなのはPVだけではありません。

4つ打ちの電波曲というだけでも非常に分かりやすくて良いですし、「誰ですかあの女」辺りの裏で遊んでるシンセの音色も凄く好きですし、ギターソロ中に半音ずつ下がっていくところもめちゃくちゃ好きですし、と個人的に好きな音楽の「癖」がてんこ盛りだったんですよこの曲。

リンクを貼りました「あまらぶっ!」を聞いて貰えば、私が「シル・ヴ・プレジデント」を好きになるのも頷いていただけることかと思います。

並木学とかビートまりおの使うファーファ―したシンセ大好き。

音の高さは過去最低レベル

そんなこの「シル・ヴ・プレジデント」、今まで私が歌ってきた曲の中で言うと音域は一番低いレベルになります

「こんなの重低音だね」とどこかから聞こえてくる気すらしますね。

おわりに

という訳で今回は「シル・ヴ・プレジデント」を歌ってみた話でした。

成人男性が2時間クローゼットに籠ってかわいい声を出すという地獄の先で完成した歌ってみた動画ですので、ぜひ皆さんに聞いていただければと思います。

それでは。

-歌ってみた関係

Copyright© 枝の書き物 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.