【ジャズ】Hiromiこと上原ひろみがめちゃくちゃ素晴らしい話

更新日:

枝と申します。

皆さんはジャズって聞きますか?

非常に大人チックでカッコいいのは分かるのですが「何から聞き始めれば良いのか」って分からないですよね。

なので今回は私枝おすすめのジャズピアニスト、Hiromiこと上原ひろみさんをご紹介。

何がどう素晴らしいのかを、今の自分が分かるなりに書いていこうと思います。かっこいいピアノのインスト曲を探している人は是非ご覧ください。

何がどうなってるのか分からない

いきなり何を書きだすんだって話なんですけども()

上原ひろみさんの生み出す音楽はライブにおいても手が付けられないような大変なことになってます。

自由奔放でアグレッシブで繊細で超絶技巧のピアノに、それをどっしりと支えるベース、どうやって拍を取ってるのかさっぱり分からないドラム。

3つの楽器しかないはずなのに音の厚みが尋常じゃないです。

音の厚みも凄ければ音楽としての完成度も非常に高い。マジで一曲にぎゅうぎゅうに詰まっている。聞いた後の満足感が尋常じゃありません

非常にプログレッシブなジャズ

デビューアルバムである「Another Mind」の1曲目、「XYZ」。

  • 展開の分からない非常にスピーディな流れ
  • 目まぐるしく変わる曲調
  • 複雑怪奇なメロディ
  • やたら手数が多いドラム
  • 迷子になりそうな変拍子

などなど、非常にプログレッシブ

めちゃくちゃぞんざいな言い方をしてしまえばジャズピアノ版ドリームシアターなんですよ。

めちゃくちゃ楽しそう

弾いてる姿、めちゃくちゃ楽しそうですよね。

こんな笑顔でこんなパッションの有るカッコイイ曲弾いてたらこっちまで元気になりますよ。笑顔のわりに手元でやってることマジでえげつないんですけどね。

上原ひろみさんだけでなく、残りの二人もめちゃくちゃ満足そう。今この瞬間を楽しんでいる感じがして凄くイイです。

ドラマチックで奥行きを感じる曲も

先ほどまでの曲とは打って変わり、この「Rainmaker」は非常にドラマチックでセンセーショナル。ゆったりしていながらもどこか緊張を感じさせる要素もあり、日も登り切らない早朝に聞くとめちゃくちゃ気持ちがいい。

「雨つながり」という事でこの曲も。このSummer Rainも非常に開放感があって気持ちいいです。アルバムに入っているバージョンだと管楽器の音も加わるのでより引き締まった感じがしますね。

おわりに

という感じで、今回は上原ひろみさんについて色々書きました。

カッコイイインスト曲を探している方は是非聞いてみてください。全部めちゃくちゃ良いので。

-アーティスト紹介
-

Copyright© 枝の書き物 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.