剣持刀也イメージソング「Sharpness. . . 」歌詞の解説

投稿日:

枝と申します。

インターネットのどこかに有ると思っていたら実は無かったので、剣持刀也イメージソング「Sharpness. . . 」歌詞の解説について書いていきます。曲名のピリオドは3つです。

もちろん全てを解説しきれている訳では無いのであくまでも大まかな補完程度にお考え下さい。

それと「Sharpness. . . 」のFullを剣持刀也が歌唱した動画はまだこの世に存在しないのであしからず。

歌詞全文と投稿日

その胸に名を刻め Power and sword

椿の花に唇寄せて 弥生の空に思いを馳せれば
雲間を抜けて降り注ぐ白 甘い棘持つ柔らかな罠
数多の声にその身打たれて 虚空の中に膝ついた日々も
明日への糧にまた立ち上がる 日進月歩止まりはしない

あゝ 己が何か証すため
咎無き罪背負い また今日も声を轟かす

Sharpness 研ぎ澄ませ刃 刀と也て虚を穿つ
鋼を超えるアギト《顎》を構え 剣となり盾となり 猛る敵砕く
Sharpness 切り拓け刃 力の前に挫けても
魂の名を 信じる限り

その胸に名を刻め Power and sword (yeah...)

幼き生命ただ慈しみ その手を衛る無垢な願いさえ
悪行図り脅かす影 背後に迫る邪悪な魔の手
旅路の果てに全て失い 異国の海に望み絶たれても
未来(あす)を夢見てまた歩き出す 満身創痍その身を誇れ

あゝ 心の陰も温もりも
暴かれ晒される その運命-さだめ- 因果 受け容れろ

Sharpness 振り払え刃 恐れ一刀の元に断つ
その身を超える敵迎えても この歌がこの声が 闇を照らし出す
Sharpness 道示せ刃 無力な自分超えた時
魂の名は産声上げる

その胸に名を刻め Power and sword

->>ラップパート<<-
Yo 虚空に舞い降りた日から 戦う覚悟はできていた
返し刀に怯ますstrength カオス切り返すresponse
ライバルは常にリスナー いつだってそうブレるな
邪魔する物から searching 殺chin
1時が定時の teenage

Midnight 描くのは未来 ポジティブに
Rising to rising
This is Power&sword

あゝ 己が何か証すため
咎無き罪背負い また今日も声を轟かす

<間奏>

Sharpness 研ぎ澄ませ刃 刀と也て虚を穿つ
鋼を超えるアギト《顎》を構え 剣となり盾となり 猛る敵砕く
Sharpness 切り拓け刃 力の刀を翼に
魂の名を 信じる限り

その胸に名を刻め Power and sword

ニコニコ大百科より

Short ver.の投稿日は2018年3月27日であり、剣持刀也の活動開始(2018/03/06)から約3週間後にはこの曲が生まれていたこととなります。

ちなみにFull ver.の投稿日は2018/05/30。

本人によるFullの歌唱動画はまだ存在しません。

元ネタと解説

それではここから元ネタの解説に入っていきます。

かな~~~り初期の話が多くなりますので、まずは用意したこちらの資料『力也マン』をご覧ください。これでだいたいわかります。だいたい。

また、解説漏れもたくさんあると思いますのでここが全てだとは思わず、自分だけのイースターエッグを見つけてくださいね。

その胸に名を刻め Power and sword

https://twitter.com/MitoTsukino/status/970899183241580545?s=20

もうすでにここからしっかり元ネタが存在していますね。

この部分は皆様もお馴染み「剣持"刀"也」と、委員長が呼び間違えた「剣持"力"也」を交えた歌詞となっております。

その結果としてFAタグが「金剛力也像」になっている事も鑑みると、これはもはや歴史の始まりともいえるような印象的事件ですよね。

ちなみに「力也」と間違われるのはこの委員長の言い間違いにとどまらず、デビューから現在に至るまで様々な人から間違われている様子。

まぁ確かに力也じゃない剣持にも非がありますよ。

なおこの「力也の呪い」は余りにも影響力が強かったため、委員長にも思う所があったりするようです。配信前にそういうフォーマットのネタができてしまうとやりづらくて仕方が無いでしょうからね。

(かのユードリックがなかなかデビューしないのもデビュー前なのに色んな部分でネタにされ過ぎてるから、みたいなところがあると私は思っています。)

椿の花に唇寄せて

「椿」は剣持の主食であるシャンプーのブランドを表しています。

ごく初期の剣持にはグルシャン(シャンプーを食べること)の属性もあったんですよね。

弥生の空に思いを馳せれば

ここは剣持がやよいPを自称しているところから来ているようですね(アイマスわからんのでさらっといきます)。

雲間を抜けて降り注ぐ白 甘い棘持つ柔らかな罠

これはもはやお馴染みとなったマシュマロのことですね。

初期はちゃんと質問とか提案とかで埋まっているのが微笑ましいです(湿ったチワワとかは2020年に入ってからだったりする)。

このリンクで活動開始~Sharpness. . . 投稿までの剣持刀也の投稿を見ることができますので良ければ活用して見てくださいね。

数多の声にその身打たれて 虚空の中に膝ついた日々も

虚空集会を行った後と考えるとだいぶ今さらですが「結局虚空ってなんやねん、どこから来てんねん」という人は少なく無いことでしょう。

これは初期に使っていたミラティブというアプリがコメントの多さも相まってまぁ何回も落ちまくっていたことを原因として、剣持刀也が「僕は虚空に向かって一人でただずっと笑みを浮かべて喋りかけてたという狂気の存在でしたけどね」と発言した事が全ての始まりです。

この「虚空(という名の配信落ちや機材トラブル)」も今では剣持刀也を構成する一つの要素となっていますね。

明日への糧にまた立ち上がる 日進月歩止まりはしない

初配信から2日後の3月17日、ミラティブ落ちを克服しコメントも読めるようになった剣持刀也。

「ちょっとね、どうですか。このアップグレード具合。日々の成長のね、速度を見てくださいよ。日進月歩の剣持刀也と呼んでくださいよ。そういうところですよ、やっぱり。」

あゝ 己が何か証すため

先ほども述べた「力也」イジリの一環として「力也ァ!」というコメントが流行り、それが略されて「ァ!」になったものを述べているのがこの「あゝ」です。

ちなみにこの「ァ!」というコメントは配信が落ちた際に使われていたこともあり、コメントでこれが大量に流れた際に剣持刀也は「え?配信落ちてる?」と困惑していました。

咎無き罪背負い また今日も声を轟かす

とうやの!ガクの!二人は†咎人†!

というのはまぁ有名も有名な話ですので置いとくとして、Sharpness. . . の歌詞中における「咎」というワードチョイスは咎人というユニットの誕生前に行われたものなんですよね。

上記の咎人コラボは4月18日ですから時系列で見ても明らかです。

「また今日も声を轟かす」の部分は剣持家の家訓である「清らかな産声」が関与しているのかも。

Sharpness 研ぎ澄ませ刃 刀と也て虚を穿つ

ここはそんなに説明不要ですね。

剣持刀也と肩を並べるウカムルバスの素材アイテムに「崩竜の穿爪」というものがありますがそれは流石に気のせいでしょう。

鋼を超えるアギト《顎》を構え 剣となり盾となり 猛る敵砕く

刀ガクですか?ガク刀ですか?

……うーん、リバ。

という言動から「剣となり盾となり」が生まれているのは間違い無さそう。

あとモンスターハンターシリーズを代表する武器としてカタカナで「アギト」という武器がありますが、これも流石に気のせいでしょう。

Sharpness 切り拓け刃 力の前に挫けても

力也に負けそうな刀也。

自らの真名をかけた戦いが日夜繰り広げられています。

その胸に名を刻め Power and sword (yeah…)

配信開始時のイェア!はもちろんこの曲から来ています。

この時はレイテンシー(遅延)とかの概念もちゃんと知らないままの良いとは言えないモニタリング環境で歌っており、それでちょっと声が遅れていたらしいです。(これどこで言ってたかは思い出せない)

かわいいね。

二番に続く

という訳で「Sharpness. . . 」1番の解説と考察でした。

この時点で3700字を超えていますので本サイトでは初めての2ページ目へと突入していきますよ。

> 続きを読む 

-剣持刀也

Copyright© 枝の書き物 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.