【ネタバレ含む】新進気鋭のフェスティバルホラー、ミッドサマーの感想と考察

更新日:

公式サイトより

枝と申します。皆さんホラー映画はお好きですか?
私は好きです。(来る!とわかったら薄目になる程度のホラー耐性)

つい先日、ずっと前から楽しみにしていた「ミッドサマー」を見てきたのでその感想や個人的な考察を書き綴っておこうと思います。

今からミッドサマーを見ようとしている方にも見て頂きたいので極力ネタバレは無しで。物語の重大なところには触れないよう書いていますのでぜひご覧ください。

あらすじ

家族を不慮の事故で失ったダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人と共にスウェーデンの奥地で開かれる”90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった。

公式サイト

あらすじに関しては他のサイトでもたくさん見ることができるのであまり触れません。

なので代わりに私の解釈に基づいてミッドサマーを短く表すなら「ガンギマリ大学生によるホルガ村体験ドキュメンタリー」といったところですかね。一言にホラーと言ってしまうのは違う気がしました。

主人公たちの恋の行く末も気になるところ!!

型は王道ホラー?

「キャビン」という映画では「 淫乱、戦士、学者、愚者、処女 」の要素がホラー映画のお約束であるというように語られていました(自己解釈)が、このミッドサマーも大まかにはその型にハマっており序盤はしっかりホラー映画のお約束に則っていたのが意外でした。

大きく話が動くのも「主人公たちの軽率な行動」によるものという。

話の展開力

全体を振り返ってみると説明不足な点や不可解な感じがする展開は数多くありました。

しかし驚くべきは「視聴中はそれをあまり気にしない」という所です。

何故かというと「村の風習らしいしなぁ、、、」とか「こいつらガンギマってるしなぁ、、、」という半ば強引ともいえる理由付けを、見ているうちに自分でしてしまうからです。

それゆえに視聴後の推測考察自分なりの解釈などの介在する余地が非常に大きい映画だったと言えます。

理解できない事への恐怖

人を恐怖させる物の条件は三つ必要だって知っているか? 一つ、怪物は言葉を喋ってはならない。 二つ、怪物は正体不明でなければいけない。 三つ、―――怪物は、不死身でなければ意味がない

『空の境界(下)』p.29-下段l.8〜13

という言葉にある通り、「言葉が通じず意味不明なもの」というのは人間を恐怖させるのに十分な条件ってわけです。

そしてミッドサマー本編で主人公たちは「言葉の通じない異国の地」で「土地特有の意味不明、理解不可能な文化」に触れる。

そら怖いわ、、、

美しい画

物語の序盤、ホルガ村にたどり着くまでは無機質な部屋やほの暗い空間で話が進行します。

しかしホルガ村に着いた途端、様々な色のお花や白夜故に燦燦と照る太陽、一面に広がる草原、真っ白な民族衣装左右対称の画などの非常に美しい風景と出会えます。

どの場面を切り取っても1枚の画として完成するような美しさがありました。ポスター詐欺じゃなくてとても良かったです。

この徹底した美しい画作りあってこそのミッドサマーだと思います。確実に。

音楽、効果音のこだわり

自分自身がケルト音楽好きなのもあり、BGMがめちゃくちゃ良かったです。当然そのBGMが不安を駆り立てるように駆使されているのも事実ですが。

BGMと同じように効果音も非常によく考えられているなと感じました。「初めて行く場所に着いた瞬間」や「その場所で寝る時」のあの微妙な居心地の悪さ。映画館での音響ということもあり、そうした微妙に不快な空気感をうまく表現していたように思います。

オチが全く読めない

ホラー映画なんてものはたいていお約束のエンディングがあるもんです。ハッピーエンドにしろバッドエンドにしろ。

しかしながらこのミッドサマーは本当に最後のオチが全く読めませんでした。びっくり。

何がどうなったら話がオチるのか、5分先に何が起こっているのか、終盤はさっぱり見当もつかないまま話が進むのが驚きでした。伏線なんかは分かりやすいですし「あとは察してくれ」のようなホラー映画好きなら読める描写も多かったのですがね。。。

グロ描写について

割と肉々しい感じグロ描写があります。シンプルに人体破壊って感じ。
「そらそうなるわ、、、」的な感じである程度身構えることのできる展開なので少しはマシかもしれません。

血しぶきブッシャーはなかったはずです。
ディレクターズカット版ではどうなるかわかりませんが!

ビックリ描写について

大きな音ともにグロ画像がバーン!
みたいなビックリ要素はほぼ無かったです。
言うなればサスペンスドラマくらいのビックリ要素ですかね?

カットを挟んで油断したところにグロいのがヌルっと出てくるシーンがあるので、そこでは少し「ハッ」となるくらいにはびっくりしましたけども、、、

あくまで個人の感想なのでめっちゃビックリする方はめっちゃビックリするかもですが!

おわりに

『ミッドサマー』はビックリやグロが苦手な方や、普段ホラー映画を見ない方にもおススメできる映画でした。(個人の感想です)

何故ならこの作品で一番精神を蝕んでくるのはそういった安易な恐怖ではなく「不安感」「不快感」だから。

精神を病んでいるときに見るのは良くないかもしれませんね。。。

-映画
-

Copyright© 枝の書き物 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.