VRのFPSゲー『Pavlov VR』がめちゃくちゃ面白い

更新日:

枝と申します。

今ではその数も多いVRゲーですが、その中でも男の子の興味を引くのはやはりVRのFPSに他ならないでしょう。

今回取り上げる『Pavlov VR』はそんなVRFPSゲームの一つ。もしも購入を迷っている人の参考になれば幸いです。

Pavlov VRについて

『Pavlov VR』は現在quest版も開発中とのことですが、めいっぱい楽しむにはsteam版をおススメします。

私はOculus Quest2を使っているので、まずOculus Quest2とPCをケーブル接続してOculus Linkを起動。そこからSteamVRを起動し『Pavlov VR』を選択するという感じですね。

銃を撃つだけで楽しい

まずこのPavlov VRというゲーム、銃を撃っているだけでめちゃくちゃ楽しいです。

同じVRFPSのOnwardに比べるとリアルさが足りないなんてことも言われているようですが、ぶっちゃけガチのミリオタでない限り気にならないレベルでリアルです。

ただリロードをするだけでも

  • 銃からマガジンを外す
  • 新しいマガジンをポケットから出す
  • 銃に装填する
  • レバーを引く

といった動作が必要でありこれが非常に楽しいんですよね。もちろん武器によってはボルトアクションやポンプアクションもしなければいけません。

対人戦はバリエーション豊か

VRのFPSと聞くと開発がまだまだ進んでいないようにも思えますよね。ゲームルールが少なかったりマップが少なかったりとボリューム不足に悩まされてそうな印象が私にもありました。

ところが、実際やってみると全然そんなことはありません

というのもワークショップによってルールやマップがどんどん増えるからですね。動画はCSGOでおなじみのマップ「MIRAGE」にてBOTと共にチームデスマッチをやる様子。

もはや弾が当たらなくても撃っているだけで楽しいですし、グレネードで自爆するのもまた一興。Pavlovにデフォルトで入っているマップのほかにもローポリでかわいらしいマップ、かの有名なノルマンディー上陸作戦を模したマップ、それにニュークタウンやMIRAGEといった有名なFPSのマップなどなど選択肢は無限大。

かの有名なMAPにVR空間で没入したい人は是非買ってみてください。

VRだからこそ見える人間性

このゲームは対人戦ができるVRのFPSです。

VRゲームの利点として、対戦相手の動きや声などがより一層リアルに伝わってくるんですよね。それが非常に楽しいです。

撃たないでくれと言わんばかりに手を振る人も居れば、急に出てきた敵に対して「Oh shit!」とこぼす人も。

一期一会の出会いがあるかもしれませんね。

注意点など

そんなこのゲームをプレイして分かったいくつかの注意点。

まず一つ目はゴア表現が結構きついということです。具体的には腕やら脚やらが吹っ飛んで、上半身と下半身が離婚して、背骨がこんにちは!って感じです。しかもそれを至近距離で見ることになるので苦手な人は多分マジで無理。設定でゴア表現をオフにできるので確認しておきましょう。

二つ目はマッチングのシステムがFPSのそれでは無いという事。基本的には立っているサーバーに入ることになるので途中参加が多くなります。しかも正統派のTDMをやっているサーバーは中々無いので、基本的には「なんか撃ち合いをしてる」場所に飛び込んでいくことになります。

あとは家の中のどこ向いてるかが分からなくなることですね。これはマジで分からなくなります。気づいたらPCと真反対の方向を向いてたりします。

あと適度に酔います

おわりに

という訳で今回はオススメのVRFPSゲーム、『Pavlov VR』について紹介しました。とにかく銃を撃ってみたいって人やFPSが好きな人は買って損しないと思いますよ!

-FPS, VR, ゲーム紹介

Copyright© 枝の書き物 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.